panelarrow

トイレ3

FH068_L
緊急通報装置
トイレは不意の病気や事故が起こりやすい場所で、人目につきにくい所です。万一の場合にも連絡先にすぐ知らせることができるよう、緊急通報装置を設置しておくか、将来設置できるようにしておきましょう。
地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。
健康を守る機器
暖房器具
トイレは住まいの中でも居室との温度差が大きい場所です。急激な温度変化は、特に血圧を上昇させたり、体に負担をかけることになります。また、高齢になると夜間のトイレ使用回数が多くなり、時間もかかります。居室との温度差をできるだけ小さくするために暖房器具を設置するか、設置できるようにコンセントを設けておきましょう。一般には暖房便座を取りつけるだけでも暖房効果が期待できますが、パオ、ルヒーター、ファンヒーターなども機器として適しています。壁面を利用した壁埋め込み式の暖房器具は、場所を取らず安全です。暖房器具用のコンセントは出入りのじゃまにならず、水のかからない位置に設置しましょう。
換気扇
最近は照明器具と換気扇が連動した便利なものがあります。照明のスイッチを切った後もしばらく換気扇が回り続け、空気を清潔に保ちます。

Comments are closed.