panelarrow

トイレ2

FH067_L
手洗い器
トイレには、できるだけ専用の手洗い器をつけましょう。手洗いつきロータンクは、体の向きを変えて便器越しに不安定な姿勢で手を洗わなければならないので、不便です。設置場所は動作のじゃまにならないよう、壁に埋め込む方法があります。カウンタータイプの手洗い器は手すり代わりにもなります。
水栓金具
水栓金具は、レバー式水栓や自動水栓が使いやすく便利です。使う人の手を感知して自動的に水が出たり止まったりする自動水栓は、指の力力溺っても使え、蛇口の閉め忘れも起こりません。
お金をかけても大規模なリフォームをしないで地震対策ができる場合もある。←いろいろな物件を見て知識を得よう。
安全を確保する機器
手すり
便器に腰かけたり立ち上がったりする動作は、意外に体へ負担がかかります。手すりをつけ、体の機能が衰えてきても楽にスムーズに動作できるようにして、生活の自立を保ってください。ただし、使う人の体の状態によって便器へのアプローチの方法は異なるので、その人に合わせた適切な位置に、使いやすい形状の手すりを設置する必要があります。必要なときに、必要な場所に手すりが取りつけられるように、あらかじめ下地の準備をしておきましょう。元気なときでも手すりがあると楽なので、始めからL字形手すりをつけておく人も多いようです。取りつけるときには高さ、便器との位置に注意してください。

Comments are closed.