panelarrow

安全の確保手段

FH075_L
高齢期には、若いときよりも病気や事故で緊急に人の助けを借りる必要が起こりやすくなります。こうしたときにも安心できるよう、緊急時にすぐ連絡ができる設備を整えることが大切です。同じように、住まいも緊急時にすぐに助け出せるよう、トイレなどの扉は外開きにしましょう。なお、安否の確認や緊急時は、なにかと近所の方の助けを借りることになります。普段から、友人、知人を大切に、近所とのつき合いを大事にしましょう。ファクシミリなどを利用すると、こうしたつき合いや連絡が密にできるので、一層安心です。
業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。家 高く売る ←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。
緊急通報システム
急に具合が悪くなったときや、火災・ガス漏れなど緊急時を知らせる緊急通報システムがあります。外部への通報は、一般には電話回線などを使用します。メーカー・商品によりシステムカ製なりますので、機器を選ぶ際には現在お使いの電話などとの接続方法や、工事方法などを確認しましょう。
安否確認
一人暮らしのおとしよりなどの安否確認として、水の使用量や、玄関など決まった場所の人の動きの有無で異常を感知し、緊急連絡先に通報する方法があります。緊急通報システムに組み込まれているものや、民間のセキュリティー会社と連携するタイプがあります。
その他
ナースコール
家の中で使う簡易な通報装置として、工事の必要がないナースコールがあります。受信機は家族の部屋など、送信機は使用者のそばに置きます。緊急時には送信機のボタンを押して知らせます。
徘徊性痴呆症高齢者用通報システム
発信器を身につけてもらい、室内に受信機を設置。周りが気づかないうちに外出しようとすると、音とランプで知らせます。

Comments are closed.